埼玉大学HP

 研究機構 総合技術支援センター

ものづくり教室プロジェクト

 
 
   トップページ
  プロジェクトの目的
  ものづくり体験教室
   開催しました(NEW)
  今年度の日程
  過去の開催記録
    2009年度
    2010年度
    2012年度
    2013年度
    2014年度
    2015年度
     工学部オープンラボ参加報告
    2016年度
     ウィークエンドクラブ参加報告
                     (NEW)
     工学部オープンラボ参加報告
                     (NEW)
  メンバー
  問い合わせ


「夏休みものづくり体験教室2016」を開催しました

 2016年8月9日(火)に小学生を対象とした「夏休みものづくり体験教室」(受講者57名)を開催しました。

 今年度は、「ペットボトルヘッドフォン」を作ろう(午前のみ15名)、「浮沈子」を作ろう(午前・午後10名ずつ)、「てつのヤジロベエ」を作ろう(午前・午後15名ずつ)の3テーマに分かれ、作業を行いました。



@「ペットボトルヘッドフォン」を作ろう
 ペットボトルを使った「ヘッドフォン」の製作を行いました。自分たちが作ったヘッドフォンから音が出ると歓声を上げていました。

 



A「浮沈子」を作ろう
 ペットボトルを押すと、ペットボトルの中を浮き沈みする「浮沈子」を作りました。簡単なようでなかなか難しいぞ。

   



B「鉄のヤジロベエ」を作ろう
 いろいろな金属を削って「ヤジロベエ」の製作を行いました。おもりの位置を左右で変えて、うまくバランスが取れるかなあ?




●「参加記念メダル
 「夏休みものづくり教室2016」参加記念として、「2016 SUMMER」の文字が入った記念メダル(黄銅製)を配布しました。













「出張ものづくり教室2016」を開催しました@


 2016年8月23日(火)に「さいたま市与野本町児童センター」にて「出張ものづくり教室」(参加者30名)を開催しました。

 今年度は「クリップモータ」を作ろう(15名)と「ペットボトル砂時計」を作ろう(15名)の順に、時間を2回に分けて行いましました。



@「クリップモータ」を作ろう
 巻いたコイルをクリップに載せ、磁石と乾電池で回るクリップモータです。さあ、上手く回るかな?

       ※「クリップモータ」の動画はこちらwmv)


A「ペットボトル砂時計」を作ろう
 小さなペットボトル(280ml)を使った「砂時計」です。カラー砂の量を計量して、ストップウォッチで1分になるように調整します。

   
 





「出張ものづくり教室2016」を開催しましたA


 2016年8月25日(木)に「さいたま市文蔵児童センター」にて「出張ものづくり教室(科学教室)」(参加者30名)を開催しました。

 今年度は「クリップモータ」を作ろうと「ペットボトル砂時計」を作ろう、の順に、23名の小学生がものづくりに挑戦しました。



@「クリップモータ」を作ろう
 巻いたコイルをクリップに載せ、磁石と乾電池で回るクリップモータです。さあ、上手く回るかな?

       ※「クリップモータ」の動画はこちらwmv)


A「ペットボトル砂時計」を作ろう
 小さなペットボトル(280ml)を使った「砂時計」です。カラー砂の量を計量して、ストップウォッチで1分になるように調整します。

   
 



Copyright(C) 2012- Technical Support Center, Research Management Breau,
Saitama University, All Rights Reserved.